イマジニアリングサービス

IMAGINEERING SERVICE

イマジニアリングサービス

イマジニアリングで夢を叶えて成功する!~

企業の置かれている環境は、急速なグローバル化、新興国市場や新興国企業の台頭、顧客そのものの変化や顧客と企業の関係における変化、技術革新の高速化などによって劇的に変化し続けています。その変化の中で、企業が成長を続け企業ビジョンを実現するためには、適切かつ素早い企業変革の実行が不可欠です。
イマジニアリングサービスでは、「ビジネスデザイン」をもとにした「新規事業クリエーション」「既存事業イノベーション」という3つの変革フェーズを実行支援することによって企業変革(ビジネス・イノベーション)を意図的に演出し、企業ビジョン(夢や目標)を実現します。

ビジネスデザイン

ビジネスプランからビジネスモデルへ

不確実性が高い事業環境において、固定的なビジネスプランで戦略を組み立てていく時代は終わりました。これからの事業運営は、ビジネスモデルと戦略を両輪として仮説検証サイクルを回しながら企業ビジョンの実現に向けて進んでいく必要があります。ビジネスデザインでは、顧客インサイトをもとに”顧客にどのような価値を創造するか”をビジネスモデルとして定義し、顧客に価値を届ける戦略を描き出します。

新規事業クリエーション

新規施策・事業・市場の創出

企業が継続的に成長していくためには既存事業の維持のみならず、新たな事業や市場を創造していくことの重要性が高まっています。既存事業を発展させるための新規施策の立案、リーン・スタートアップの考え方による新規事業の創造、競争のない市場を創出することを目指すブルーオーシャン戦略などによって、企業を成長させていきます。

既存事業イノベーション

コア業務プロセスのカイゼンと内製化

独自のビジネスモデルを実行できるように、現場視点でコア業務プロセス(組織&業務&ICTシステム)のイノベーションを実現します。ビジネスモデルに合わせた業務カイゼンをICTシステム内製化によって短期実現(=アジャイル開発)し、仮説検証サイクルを回せる組織体を作り上げていきます。非コア業務においては、クラウド化やアウトソーシングによってROI向上・P/L改善を目指します。

これらの変革を実現するため、仮説検証に必要となるデータをフロント基盤およびバックヤード基盤から収集・活用できる仕組みを構築し、
「データ活用による仮説検証サイクル」を回していきます。

イマジニアリングサービス例

イマジニアリング
ROI向上サービス

業務カイゼン支援サービス

マイナンバー制度
導入支援サービス

マイナンバー制度導入支援サービスの詳細はこちら

セキュリティ教育支援
サービス