ニュースリリース:​2018年度人工知能学会全国大会で登壇します

2018年度人工知能学会全国大会登壇のお知らせ

KDLとバニヤン・パートナーズらが、2018年度人工知能学会全国大会の一般セッションに論文「全天球画像のデータ収集と雲形と状態判定」を投稿し、採択されました。

論文は、現在開発中の「雲量」と「雲の状態」を、船上での撮影画像とAI(人工知能)により自動化するシステムの開発過程における研究成果を記したもので、機械学習に必要な雲の画像の学習データの収集方法と、収集した画像を用いた「雲の状態」の判別方法と成果について解説しています。

鹿児島で6月5日から8日まで開催される2018年度人工知能学会全国大会では、2018年6月6日(水) 17:20から弊社担当者が口頭発表を行います。

◎セッションの詳細はこちら

◎論文のもととなったシステム開発のプレスリリースはこちら
 世界初、船上での撮影画像とAIで、船舶気象観測における課題解決を目指す

◎雲撮影のカメラ設置の様子はこちら
 カメラと冷却装置を台風近づく沖縄に設置してきました
 

【本件に関するお問い合わせ先】※取材など随時対応致します。お気軽にお問い合わせください。

バニヤン・パートナーズ株式会社
担当 :代表取締役 釣(つり)文男
TEL :078-335-5955
E-mail :info@banyanpartners.co.jp



平成30年4月17日